野菜嫌い の人が気軽に野菜を摂取する方法


野菜には、人間の健康を維持するために必要な様々な栄養が豊富に含まれています。
そのため1日350gの野菜を摂取することが望ましいと、国によって推奨されています。
ですがこれは、現実的にはなかなか難しい数値です。
ましてや野菜嫌いの人となると、野菜不足に陥ってしまうのも仕方がないことかもしれません。
野菜不足によって様々な不調が引き起こされる可能性も高くなるので、無理なく、気軽に、少しでもたくさんの野菜を摂取することが求められます。
つまり野菜嫌いの方でも野菜を摂取できる方法を考える必要があります。



野菜嫌いの方でも野菜を摂取する方法

野菜嫌いの人が野菜を摂取する方法ですが、まず野菜特有の苦みや渋みが苦手だと言う人は、調理によってそれをかき消してしまう方法が挙げられます。
たとえば野菜ジュースとして、蜂蜜やオリゴ糖、黒蜜、ヨーグルトや牛乳などと混ぜて飲めば、苦みや渋みはかなり軽減されます。
また細かく切って、あるいはすりおろしてカレーやシチューと言った比較的、味が濃い食べ物に使用すれば、ほとんどその存在にすら気がつかないことも多くあります。
炒める、煮込む、蒸すと言った調理法で、苦みや渋みの代わりに甘味が引き出される野菜もたくさんあります。



他にもこんな方法が・・・

またお菓子に使用するのもひとつの方法です。
たとえば葉物野菜やニンジン、カボチャなどはホットケーキミックスと混ぜたり、マフィンやプリン、パウンドケーキに使用されることが多い野菜です。
こうすれば、見た目がお菓子であることもあって野菜を食べていると言う感覚を薄くすることができますし、甘味もあることから無理なく食べることが期待できます。



考え方を変えてみる

それから、野菜の中でも特定の野菜が苦手だと言う人は、無理をしてそれを食べる必要はないと言うのも方法のひとつです。
これは、先にも述べたとおり、野菜に含まれている栄養は多岐にわたり、そしてそれは多くの野菜に共通しているためです。
たとえばピーマンにはビタミンCやビタミンAなどをはじめとするビタミン類、また鉄やカルシウムと言ったミネラルが豊富に含まれています。
しかしこうした栄養は、人参にも比較的、多く含まれている栄養です。
よってピーマン嫌いの人が、渋々ピーマンを食べると言う方法をとるよりは、無理をせず人参を食べた方が野菜不足を補うことが期待できます。
また無理矢理、食べさせようとすると却って野菜嫌いが悪化することもあります。
特に子供にそのような経験をさせると、それがトラウマとなって大人になってもその野菜を見ることすら嫌と言う事態になることもあるので、無理は禁物です。
好きな食材と混ぜたり、一緒に出すことでまずは野菜を口に入れる習慣をつけるようにして、その上で、その量を増加させていくのが望ましい方法です。



それでも野菜がダメな方は

最近では青汁で野菜不足を補うのも効果的です。
最近の青汁は、昔と違い飲みやすく美味しいものが、たくさんあります。
自分に合った青汁を選ぶことで、気軽に野菜不足を補い健康的な生活を送ることができるのではないでしょうか?

ちなみに飲みやすい青汁のオススメとしては、フルーツ青汁と、飲みごたえ野菜青汁、美感青汁がオススメです。
フルーツ青汁は、その名の通りフルーツがたくさん入っているので、フルーツジュースのような感覚で飲めます。
また、牛乳で飲めば、フルーツ牛乳です。
飲みごたえ野菜青汁については、抹茶味で、抹茶が嫌いという方以外には、非常にオススメの青汁です。
甘いのが好きという方でも牛乳で割って、抹茶ミルクのように飲むことも可能です。
また、飲みごたえ野菜青汁は、お試しセットがあるので購入しやすい点もメリットです。
美感青汁は、スティック型のジェル状青汁で新しい感じです。
味もマンゴー味、ざくろ味と食べやすく、ウィダーインゼリーのようなイメージで食べられます。
飲む青汁でないですし、味的にも、青汁って感じが全くしないのではないでしょうか?



野菜



青汁



どの青汁も非常に美味しいので、是非試してみてください。



最後に

いかがでしたでしょうか?

野菜を少しでも摂取して健康的な生活を送れると良いですね。

個人的には、料理とかあまりしないので、青汁が楽で良いと思います。

自分に合った方法で、少しでも食生活を見直しましょう。

それでは良い健康LIFEをお送りください。



ブログランキングに参加中です。

もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

それでは、またお会いしましょう。

yoshino

コメントを残す

このページの先頭へ