睡眠 と ダイエットの関係について知らないと損するかも!?


ダイエットを行なう場合、食事のカロリーコントロールに気をつけたり運動をすることを気にする人は多いですが、見落としがちなのが睡眠です。

睡眠不足になると太りやすくなってしまうため、注意が必要になります。

今日は、そんな見落としがちな睡眠とダイエットの関係性についてまとめてみました。



睡眠不足の影響

寝る時間が足りなくなると、夜の食事量が増えてしまうため太りやすい身体になってしまうのです。

これは食欲を増進させるグレリンというホルモンが出ているためで、夜中にカロリーを摂取してしまうと朝起きたときに食欲がわかずに仕事や学校に行ってしまうという人もいます。

そうなると食生活が不規則になってしまいます。

そんな夜の食欲を我慢しても、適度な運動をしてもダイエット効果が得られにくいということも分かっています。

また、筋肉が減ってしまうということもあり、基礎体力の元である筋肉が減ってしまえば脂肪の燃焼もし難く、基礎代謝も下がってしまい、食欲増進した上に筋肉が減ることで太りやすくなるという悪循環が完成してしまいます。

この悪循環を完成させないためにも、しっかり睡眠をとっていくことはダイエットには重要なことなのです。



夜中の食欲対策

夜にお腹がすいてしまった時の対策として、我慢以外に食べるものに制限をかけることでも対策を打つことができます。

お菓子やラーメンなどの脂肪に変わるものを食べるのではなく、春雨の入った野菜スープや消化の良いみそ汁、カロリー低く食べ応えのある豆腐のお茶漬けや低脂肪のヨーグルト、甘いものなら甘酒やおからクッキーなどがおすすめです。

食べる時も、ゆっくり良く噛んで食べたり、摂取量は200キロカロリー未満に制限する、寝る2時間前くらいに食べることが太りにくい夜食の食べ方になります。



睡眠不足対策

昼間できる対策としては、昼休みなどに10〜15分ほど昼寝することで睡眠不足を解消して太りやすい体質を作らないようにすることができます。

良質な眠りを手に入れるには、環境を整えたり、テレビやパソコン、スマートフォンなどを使わずにリラックスすることも大切です。

理想の睡眠時間としては7〜8時間程度が良いとされています。眠る時間が短いとその分消費カロリー以上に食べてしまう可能性もあります。

また、質の良い眠り方をすることによって体脂肪を分解する凝るチゾールや筋肉の合成を助ける成長ホルモンなどがスムーズに分泌されやすくなるため痩せやすい体質に身体が変わっていくことが期待できます。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

睡眠時間を取ることも大事ですが、質の良い睡眠を取ることが大事ということです。

睡眠時間を十分に確保できない場合は、少しでも昼寝等で睡眠不足対策を立てるのが良いでしょう。

また、質の良い睡眠を取る為に枕を変えてみたり、ベッドを変えてみたりと言った方法も検討する余地があるのではないでしょうか?

さすがにベッドとなると大きい買い物になってしまいますが、枕等は比較的簡単に変えることができるので、睡眠に困っている方は是非試してみてください。

最後に良い睡眠を取る為の僕のオススメ商品を3点ほど紹介しておきます。


休息サプリ

なかなか眠りつけない、深く眠れない、朝がスッキリしない、昼間眠くなってしまう、ストレスを感じている等の症状に困っている方へオススメのサプリメントです。

特に、「寝付けない、質の良い睡眠が取れない、朝起きれない」と言った症状の方は是非試して頂き改善を試みて欲しいアイテムです。



睡眠
休息サポートサプリ「グッドナイト27000」
グッドナイト27000


枕のオーダーメイド

枕が変わると眠れないといった方がいるぐらい枕で睡眠の質が変わります。

質の良い睡眠が取れないといったことで悩んでいる方は、まずは枕をオーダーメイドしてみてはいかがでしょうか?

僕の友達は眠りが深くなった+イビキをかかなくなったという効果があったそうです。




クールマット

最後に、

これからの時期、暑さで寝付けないといった睡眠を妨害してくる暑さ対策のアイテムです。

今、楽天でも非常に売れているオススメの商品となっております。



これらのアイテムは参考までに、自分自信が質の良い睡眠を手に入れる為に見直しが必要かもしれません。

それでは、良い睡眠LIFEをお送りください。



ブログランキングに参加中です。

もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

それでは、またお会いしましょう。

yoshino

コメントを残す

このページの先頭へ