青汁畑に含まれている成分「 キダチアロエ 」の栄養素・効果とは?


昨日、青汁について記事を書きました。

青汁っていつから飲まれているの?青汁の「 歴史 」

そこで、初心に戻って最初に飲んだ青汁畑について調べてみました。

その中でもキダチアロエという成分について見てみましたので、共有したいと思います。



キダチアロエって何者!?

キダチアロエを初めて聞いたって方もいると思いますが、健康に良いとされて栽培をしている方もたくさんいます。

キダチアロエ

健康に良いと言いましたが、このキダチアロエには独特の成分があります。

アロエウルシンという成分です。

アロエウルシンは抗潰瘍作用、アロエチンは抗カビ作用、抗菌作用、毒素中和作用、別の成分では健胃作用、便秘改善作用、血糖値降下作用があります。

具体的な身体への効果は、便秘改善です。



便秘改善に効果的!!

この効果は、古くから知られているため良く用いられてきました。

便秘改善のために作用するのは、キダチアロエに含まれている独自の成分が大腸を刺激するために起こると考えられています。

しかし、適量を意識する必要があります。

これらの成分が大腸を刺激するため、量が多すぎることで逆に下痢を起こす心配もあるからです。

最初から大量に摂取はしないで、便秘の状態を見ながら少しずつ適量を毎日摂取するのがお勧めです。

毎日、青汁畑を1杯ずつ飲むとかが良さそうですね。



アロエならではの火傷に効果的!!

キダチアロエの成分が火傷に非常に強力な効果があります。

これも古くから伝わって来ていることですので、確証があります。

火傷をした時に、アロエを切って貼りつけてもらった記憶もあるのではないでしょうか。

僕は、貼り付けられていました。

貼る瞬間が少しヌルっとして、慣れるまで嫌だった覚えがあります(笑)

キダチアロエの皮に含まれる成分が痛みや浮腫の原因になる成分を分解してくれるために効果があります。

そのため、キダチアロエは皮膚の細胞の若返らせることを促す効果もあるとされているので、アロエ成分で出来ているクリームも多彩な商品が販売されるようになっています。

美容にも良いとのことですね。

確かにアロエ成分のクリームとか見かけることがあります。



他にもまだまだあります

その他には、風邪予防にも効果があります。

免疫力の落ちた時に風邪を引くので、仮にウイルスが体内に入ったとしても、キダチアロエの作用によってリンパ球が増殖して、免疫力が活性化されるので、ウイルスに耐えられるようになります。

したがって、風邪の症状が出る前にウイルスの駆除が出来るようになるので、風邪を引きにくくなります。

健康への第一歩は、免疫ですね。

それにも優れた効果を発揮してくれるキダチアロエは優秀ですね。

身体の良いと昔から言われているキダチアロエですが、このような成分の作用があり効果が期待できることを理解しておくと、安心して使用できるようになるのではないでしょうか。



最後に

このように健康に良い成分であるキダチアロエですが、なかなか摂取するのは難しいと思いませんか?

そこで、青汁畑等を始めとした青汁が活躍してくるんですね。

僕が初めて出会って、美味しいと思った青汁です。



もし、青汁を初めてみようって方がいらっしゃいましたら、青汁畑を調べてみるのもいいかもしれません。

それでは、今日も1日頑張っていきましょう。



ブログランキングに参加中です。

もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

それでは、またお会いしましょう。

yoshino

コメントを残す

このページの先頭へ