インフルエンザ の症状・潜伏期間を知り、しっかり対策しよう


毎年、冬に懸念される病気と言ったら、
だいたいの人がインフルエンザと答えるのではないでしょうか?
最近では、ノロウィルスも流行ってきているので、体調管理をしっかりして生活しましょう。

そんな中、僕はウィルス性胃腸炎にかかりました(笑)
熱は40.0度まであがり、お腹の調子は壊滅的でした。

あなたも体調を崩さないように気をつけてください。

インフルエンザ

で、本題ですが、今日はインフルエンザについて書いていきたいと思っていましたが、
胃腸炎で記事が書けなかったので、友人に記事を書いてもらいましたので紹介します。



インフルエンザ には予防接種が効果的!?

インフルエンザ予防には何が一番といえば
やはり予防接種が一番効き目があると言えるでしょう。

というのも私の会社では多くの人が働いています。
また、会社バスや通勤時間帯で様々な人と接触する機会が多く、
高校生たちの通勤ラッシュとも重なる時間に電車に乗るのですから、
その中でインフルエンザの潜伏期間中の人に接する機会もあるわけです。
潜伏期間は、よく耳にすると思いますが、後述するので一旦ここでは割愛します。



何故、予防接種をすべきか!?

私は、小学生未満からずっとこの予防接種を受けてきました。
社会人になって、この予防摂取を受ける機会も少なくなっていましたが、
近頃小学生や中学生に感染者が多くなってきていると聞き、また予防接種を続けることにしました。

子供の頃から受け続けているのでその免疫力もあると思いますが、
最近の子供たちは皮膚を鍛えることをどうもしていないようです。



昔と今で子供の免疫力に差が!?

私の子供の頃といえば冬になれば屋外に出て乾布摩擦をして、
肌を鍛えさせられ屋外に出て遊び手を洗うのですが、石鹸でごしごしとはしていませんでした。
小学生や中学生でも外でしっかり運動させられていました。
周りの近くの小学校や中学校でも、ほとんどインフルエンザによる学級閉鎖など聞いたことがありません。

今の時代、ゲームや携帯を使った遊びが主流化したために、
上記のような昔のように外で遊んだりする機会が減っており、
子供達の免疫力に差が現れているのではないかと思われます。



予防摂取以外ではダメなの!?

インフルエンザによる副作用がこわいからといって受けさせない方もありますから一概には言えないのですが、
ヨーグルトやお茶を飲むことによってこの感染症にかからないとは言いにくいのです。
( ヨーグルトやお茶が感染症の予防に良いと一部で言われています。 )

私の上司でも注射が嫌だからとか、高いといって「ヨーグルトを食べているから多分大丈夫」といって、
昨年職場内で初めて感染したと言っていました。
私もその人とずっと一緒の仕事で室内の仕事ですから感染してもおかしくはありません。
しかも、その人とマスクをせずに話していた他の人もインフルエンザにかかっていて、
微熱の症状があるにもかかわらず、仕事だからと会社に来て職場内に持ち込んでしまったというわけです。

確かにヨーグルトやお茶には殺菌効果や免疫力アップの効果があるかもしれませんが、
お茶は私も毎日飲んでいますし、日本人は飲む方も多いでしょう。
ヨーグルトも最近は花粉症対策の一環として食べる人も増えています。

効果があると言われているお茶やヨーグルトを食べているからと安心するのは危険かもしれません。

インフルエンザはかかると辛い!!

この感染症は、とてもつらいものです。
私の同僚や友人によると、やはり四日間ぐらいはダウンしてしまうといっています。
昨年かかっている人の話では、熱が出て体の節々が痛くなって頭痛がずっとするので眠れずに過ごしたといっていました。

他にも高熱が出るにも関わらず、咳、のど、鼻水には何の症状もないのだけれども
目のあたりの粘膜になにか違和感を覚える人もいるといっていました。

確かに、そのかかっている人の目の辺りがなんとなくいつもよりも腫れぼったい感じがしたのを覚え、
帰宅を促したところ、やはり翌日から症状が出て一週間ほど仕事を休まれていました。
他にも微熱が続くので病院に行ったら診断されたという人もいます。
一般的には風邪のような症状が出るといわれているこの感染症ですが一概に高熱が出るとは限らないようです。

少しでも疑わしい症状や、あまり体調が良くないと感じたら、
なるべく早く病院にいくことをオススメします。



インフルエンザ以外にも気をつけて!!

秋から冬にかけて温度が低くなり、
湿度も低くなるこの時期は風邪や感染症また最近では肺炎や結核などもかかる人もちらほらニュースで聞きます。
私も季節の変わり目に二週間ほどずっと咳が止まらずインターネットで調べて
風邪ではなく他の感染症かもしれないと気付いて病院で薬をもらい幸い完治しました。



インフルエンザの特徴

ウィルスの潜伏期間は一日から一週間ほどです。
しかし、この間にインフルエンザに感染しているのを証明するのは困難です。
というのも症状が出る前のウイルス菌が少ないためキットの判定が困難だとされています。
熱が出ても少なくとも12時間以上経過しないとわからない場合もあります。

また、症状が出る前にこのキットを使っても健康保険の対象とはならず実費となる可能性もあります。
この判定キットは所要時間15分と大変便利ですが疑わしいからといって
むやみやたらと使うものではなく、また流行期間に病院に行くのもやはり迷惑になります。

というのもこのウイルス菌は非常に繁殖力が強いからです。
1個のウイルスから24時間経過すると100万個のウイルスにまでなるといわれています。



予防接種を受けよう

また、妊婦や高齢者、喘息、アレルギーを持った人々が増えてきています。
アレルギー疾患は子供たちの中で、今ではほとんど持っているといっていいほどです。
これらに対策するとすれば、やはり早めの予防接種を心がけるしかありません。

幸い子供たちや高齢者には自治体などで費用を工面してくれるところがあります。
また費用が高いといっても4000円ほどです。
注射は予約制で近所の内科などに問い合わせれば予約をして1時間もかからないうちに受けることが可能です。

早めに対策をすればそれほど怖いものではなく
習慣をつけてしまえばマスクを装着するだけで感染対策をすることが可能です。



最後に

ここからはyoshinoが書いてます。

僕は、インフルエンザに何度かかかったことがあります。
しかし、色んな人に聞いてみると「インフルエンザにかかったことがない」という人に時々出会います。
しっかり予防すれば、何十年もインフルエンザにならないなんてことが可能なんだなぁと思いました。
もしくは、なんとかは風邪ひかないってやつ?(爆)冗談です。

インフルエンザにかかったら周りにも感染の可能性があり、
自分だけの問題ではなくなってしまいますし、かからないことが一番良いでしょう。

あなたもしっかり予防して健康的な生活を送ってください。
僕は、ウィルス性胃腸炎で健康的な生活と言えませんが・・・(笑)

最後に、
このサイトで何度か記事にしているエルダーベリーが
免疫力を向上させるのに有効であり、インフルエンザの予防にも効果的です。
そちらの記事もよければ参考にしてください。

予防 風邪予防 にはエルダーベリーが最適な理由!健康産業新聞にも掲載
予防 エルダーベリーの効果 と 有効な摂取法!上手に活用して健康へ

それでは、良い健康LIFEをお過ごしください。



お問い合わせ

当サイトでは、メールにてお問い合わせできるようにしてあります。
あなたからの意見を送ってもらえると幸いです。

コンタクト 疑問点や懸念点、またアドバイスや指摘点がありましたら、
お気軽にご連絡ください。
1人1人きちんとお返事させて頂きます。
あなたのご連絡を、心よりお待ちしております。


ブログランキング参加中です

ブログランキングに参加中です。
もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。
また、他にも同ジャンルで良いブログもたくさんあるので、見てみてください。

あなたの1票が励みになります!!よろしくお願いします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村



健康ダイエットランキングへ

それでは、またお会いしましょう。

yoshino

コメントを残す

このページの先頭へ