風邪予防 にはエルダーベリーが最適な理由!健康産業新聞にも掲載


寒くなってきましたが、風邪をひいていませんか?

寒い日が続いてますので、しっかり予防することが大切です。
あなたは、風邪予防大丈夫でしょうか?

予防、対策には、いくつか方法があります。

  • マスクをつける
  • ビタミンをしっかり摂る
  • 体を冷やさない

等、色々ありますが、何かされていますか?
風邪をひいてからでは遅いので、前もって対策しておきましょう。

ところで、色々な風邪予防の方法がありますが、
風邪予防に効果的なベリーである「エルダーベリー」をあなたはご存知でしょうか?

以前、「BerryPharma」という会社から連絡を頂き、
エルダーベリーについて教えてもらい記事を書きました。
良かったら、こちらも記事も参考にしてください。

エルダーベリー エルダーベリー が効果的!?抗酸化物質で健康になろう

そんな「BerryPharma」さんから、最近またメールを頂きました。
「BerryPharma」さんは、エルダーベリーの臨床実験を行い、
エルダーベリーの有用性を証明しようとしている、いわゆるエルダーベリーの専門家です。

どうやら健康産業新聞にエルダーベリーが掲載されたということで連絡いただきました。
健康産業新聞に掲載されるなんて、すごいですね。
前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りましょう。
※今回の記事は少し長いので、目次を活用してください。



エルダーベリーのおさらい

まずは、エルダーベリーを簡単におさらいです。
「前の記事で読んだよ!」とか「知ってる!」って方は、読み飛ばしてください。

エルダーベリーは見た目がブルーベリーやビルベリーと似ているフルーツで、
北ヨーロッパ以外のヨーロッパ全域と北米などで生息しています。

森林や川辺、池のほとり、道端などいろいろな場所で生息し、
黒みがかった紫色の果実はマスカットのように甘い香りを放ちます。

風邪予防

エルダーベリーは果実だけでなく茎や葉、
花も使い道があり生息地では万能の薬箱といわれて重宝されてきました。
アントシアニン、ルチン、タンニンなどのポリフェノールと、ビタミンA、ビタミンCが豊富に含まれています。



健康産業新聞に掲載されたエルダーベリー

健康産業新聞の抜粋写真です。
実力派フルーツの1つとして、エルダーベリーが紹介されています。

健康産業新聞
エルダーベリー
BerryPharma


まだまだ、日本では知名度が低いエルダーベリーですが、
これから日本でも有名になってくる気がしますね。



アントシアニンとは何者?

エルダーベリーを含めたベリー系には、
アントシアニンが豊富に含まれていると言われていますが、アントシアニンをご存知でしょうか?

アントシアニンは植物を紫外線から守る働きがあり、
人間でいうとメラニンのように色素を出して紫外線が内部にまで浸透しないようにしています。

アントシアニンには、抗酸化作用が非常に強いため、
動脈硬化などの病気の予防やアンチエイジングに効果的です。

また、そのアントシアニンは疲れ目を癒してくれたり、視力を回復させたりする働きがあります。
パソコンやスマホの影響やストレスによって眼精疲労を訴える人が多い昨今の人々にとって、アントシアニンは必要な栄養素です。

アントシアニンをもっと知りたいという方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

アントシアニン アントシアニン をご存知ですか?アントシアニンの優秀な効果とは?


エルダーベリーにアントシアニンたっぷりって本当!?

さてさて、当然の疑問として、
エルダーベリーにアントシアニンが豊富って本当なのか!?
という疑問が湧いてきます。

実際どうなんですか?と疑問になりそうですが、
「BerryPharma」さんが快く提供してくれた実験結果のグラフを見てみましょう。


まずは、こちらのグラフをご覧ください。
エルダーベリー

このグラフは、フルーツのORAC値とアントシアニン値をグラフで表しています。
ORACとは、食材や健康食品などの機能を計る指標のひとつである抗酸化能力を表す指標です。

このグラフから分かることは、エルダーベリーがアロニアの次に抗酸化物質含有量が高いことになります。
アロニアを初めて聞いたという方は、こちらのサイトをご覧ください。
アロニアとは?


次のグラフはこちら!!
アントシアニン

このグラフは、果実に含まれるアントシアニンが、エルダーベリーが最も多いことを示しています。
エルダーベリーは、ベリー類の中でも、アントシアニンを最も多く含むベリーなのです。


この2つのグラフからも分かる通り、
エルダーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれていることが分かります。



アントシアニン以外の成分も頑張ってます!!

エルダーエリーと言えば、アントシアニンという思いが強く、
他の成分を見逃してしまいそうですが、他の成分もとても頑張っているので知ってあげてください。


ルチンには強い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に効果的です。
ビタミンCとの併用でコラーゲンの生成を促進する働きもあります。
ルチンは、ソバやアスパラガス、トマト、イチジクなどの食品にも含まれています。


タンニンも植物界に存在するポリフェノールの一種で、
抗酸化力が高く動脈硬化を予防する働きがあります。

毛穴を引き締める効果もあり化粧品にもよくつかわれていて、
口にいれると渋みを感じるという特徴がありますが、
植物においてはその渋み成分が外敵から守る働きをしているのです。


ビタミンAは脂溶性ビタミンの一つで目の健康を守り、粘膜や皮膚を正常に保つ働きがあります。
粘膜や皮膚を構成する上皮細胞を作る働きがあり
その機能を維持するためには必要な成分で免疫作用など全身の健康いじにも欠かせない栄養素です。
活性酸素を除去し悪玉コレステロールを減らす働きもあります。
ビタミンAが不足すると粘膜が乾燥して硬くなるため傷つきやすくなります。
目の粘膜が乾燥すると潤いを失い、肌が乾燥をするとカサつきます。
また、呼吸器の粘膜が乾燥するとウイルスや細菌が入りこみやすくなったり、
消化器の粘膜が乾燥して傷つくと下痢を起こしやすくなります。


ビタミンCも皮膚や粘膜の健康を維持し、抗酸化作用が高い栄養素です。
コラーゲンの合成に関わり、骨を丈夫にしたり肌にハリを与えてくれます。

ビタミンCは水溶性のビタミンで水に溶けやすい反面、熱や空気によって壊れやすい性質があります。
ビタミンCが不足すると、疲れやすくなったり、免疫力が低下して風邪などの感染症にかかりやすくなります。
また不足の状態が続くと体中の血管や粘膜、皮膚の組織の結合が悪くなるため
出血しやすくなる壊血病にかかる可能性もあります。
ビタミンCは摂取が過剰になっても余分は尿と一緒に排泄されるので体内に溜まるということもありません。



エルダーベリーの効果まとめ

ブルーベリーやビルベリーとよく似たエルダーベリーには、
上記で説明したような成分が含まれていて、以下のような効果が期待できます。

  • 目の健康を保つ
  • 生活習慣病の予防
  • 皮膚や粘膜の正常化
  • 抗酸化作用
  • コラーゲン生成

そのため、体の健康にも美容にも役立ちます。



インフルエンザ や 風邪予防 に効果大

上記で述べたように、様々な効果が期待できます。
ちなみにコラーゲンの生成を行うことで、
肌や粘膜の乾燥を防ぎ、ウイルスや細菌の侵入から守る働きがあります。

このような理由からインフルエンザや風邪予防にも最適ということです。



病気の予防やアンチエイジングにも期待大

もちろんインフルエンザや風邪予防だけではありません。

人間は、「呼吸をする、動く、食べる、話す」ということをします。
この動作により、活性酸素がどんどん発生してきます。

新陳代謝が活発なころなら、その活性酸素も体内からすぐに抜け出て、
生まれる活性酸素と出ていく活性酸素の量のバランもとれています。
しかし、加齢に伴い代謝が悪くなると、活性酸素がなかなか排出されにくくなり体内に蓄積され、
それが細胞を錆びさせ体を老化させたり癌などの悪い細胞を増殖させてしまうのです。

そこで、エルダーベリーを摂取することで活性酸素を除去してくれ、
癌などの病気を防いだり、アンチエイジング効果も期待できるのです。



エルダーベリーの活用ポイント

エルダーベリーの活用タイミングですが、以下のような時に摂取してみたら良いでしょう。
もちろん定期的に続けていくのがベストですが・・・

  • 加齢によって衰えてきつつある体をまた元気にするため
  • 季節の変わり目などで体調を崩しやすい時
  • 夏に紫外線を浴びすぎた肌を回復させるため
  • 夏バテで弱ってしまった体を元気にするため
  • インフルエンザや風邪予防のため

上で挙げたのは、ほんの一例ですが、
エルダーベリーのジャムやサプリメントなどを摂取して元気な体と肌を取り戻しましょう。



エルダーベリーの摂取方法

エルダーベリーは、完熟する前の実や種には毒素が含まれているので生のまま食べることはできません。
生息地のヨーロッパなどでは、完熟した状態のものをジャムやゼリー、ワインにして摂取することが多いのですが、日本ではなかなか自家栽培をするところも少なく入手することも困難なのです。

そこでオススメの摂取方法は、通販でジャムやサプリメントを購入することです。
僕がよく使う楽天で「エルダーベリー」で検索してみました。
このような商品が販売されています。参考にしてみてください。



まとめ

エルダーベリーは、
原産地のヨーロッパや北米では石器時代か傷や病気の治療に食べられて来ました。
小さい実に栄養がたっぷり入って、目や肌、粘膜、細胞に元気を与え、
老化を防ぎ、感染症の予防にも役立つスーパーフルーツナノです。

今回の記事のまとめです。

  • アントシアニンが豊富なのは本当!!
  • 目の健康を保つことができるため、PC作業やスマホをよく使う人にオススメ
  • 生活習慣病の予防に繋がるため、ライフスタイルに不安な方はぜひ!
  • 皮膚や粘膜の正常化、コラーゲンの生成によりインフルエンザや風邪予防に繋がる
  • 抗酸化作用により、動脈硬化などの病気の予防ができる
  • 生で食べることはできず、日本ではなかなか手に入らないので通販を活用しよう



最後に

いかがでしたでしょうか?
少しでもエルダーベリーが気になってもらえてたら幸いです。

まだまだ日本では知名度が低いエルダーベリーですが、
健康にも美容にも効果的なことが証明されてきており、
今後日本にもエルダーベリーが広まるのではないかと思っています。

最後に「エルダーベリー」について教えてくれ、
資料提供もしてくれた「BerryPharma」さんの
ウェブサイトやfacebook、twitterも載せておきますので、参考にしてもらえればと思います。

それでは、良い健康LIFEをお過ごしください。



お問い合わせ

当サイトでは、メールにてお問い合わせできるようにしてあります。
あなたからの意見を送ってもらえると幸いです。

コンタクト 疑問点や懸念点、またアドバイスや指摘点がありましたら、
お気軽にご連絡ください。
1人1人きちんとお返事させて頂きます。
あなたのご連絡を、心よりお待ちしております。


ブログランキング参加中です

ブログランキングに参加中です。
もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。
また、他にも同ジャンルで良いブログもたくさんあるので、見てみてください。

あなたの1票が励みになります!!よろしくお願いします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村



健康ダイエットランキングへ

それでは、またお会いしましょう。

yoshino

コメントを残す

このページの先頭へ