血液型ダイエット とは?血液型で有効な食事が違うので注意が必要!


みなさま、血液型ダイエットというものをご存知でしょうか?

実は、血液型により太りやすい食材というものが存在します。

今日は、血液型によりダイエットの時に気をつけたらいい食材をまとめてみました。



血液型ダイエットのやり方

血液型ダイエットはシンプルです。

食べ物には「レクチン」というたんぱく質が含まれています。

血液型に合わないレクチンを含んだ食べ物を大量に食べると凝集します。

これで血液がドロドロになり脂肪が溜まりやすくなったり、むくんだりします。

反対に、血液型に合うレクチンを食べることで、血液はきれいになり、身体が引き締まります。

では、血液型別に見ていきましょう。



A型

まずA型です。

肉や魚は消化しにくいです。

乳製品は新陳代謝が鈍り太りやすくなります。

小麦も筋肉が減り脂肪が増えます。

鶏肉以外の肉類、小麦類、トマト、ナス、キャベツ、ジャガイモは意識的に量を減らしましょう。

抗酸化作用を持つ玉ねぎ、豆類、果物は積極的に食べましょう。

米粉、モッツァレラアチーズやヨーグルト、プラムやレモンやグレープフルーツ、くるみ、味噌やマスダード、緑茶やコーヒー等が合う食べ物があります。



O型

次にO型は乳製品や小麦製品が向きません。

パンやパスタ、ジャガイモ、とうもろこし、ピーナッツ、コーヒーも合わないので控えましょう。

赤身の肉などのたんぱく質に肥満を防ぐ効果があります。

サバやイワシやマグロ、バナナやマンゴーやブルーベリー、緑茶、炭酸水、オリーブオイル等がよいです。



B型

B型は卵、低脂肪の乳製品、レバー、肉、青色野菜がやせやすい食べ物です。

バランスよく食べることができるので太りにくいタイプになります。

鶏肉、トウモロコシ、ごま、ピーナッツ、豆類、トマトは太りやすくなります。



AB型

最後にA型とB型のハイブリッドAB型はA型とB型を併せ持つので複雑です。

A型の植物からたんぱく質を取り、B型の乳製品との相性も取り込んでいます。

しかし胃酸が少ないので肉類の消化がよくありません。

ラム肉はよいですが鶏肉、牛肉、豚肉はあまり向きません。

サバやサケやイワシ、白米や玄米、モッツァレアチーズ、ブロッコリーやサツマイモやきゅうり、さくらんぼやキウイ、味噌やカレー粉、緑茶などはよいです。



分泌型と非分泌型

ただこれらには「分泌型」と「非分泌型」があります。

「非分泌型」とは血液型抗体を分泌しない人のことです。

自分がどちらかは検査しないと判りませんが、全体の80%から85%の人は分泌型です。

合わないものを取りすぎると、身体からいろんな症状が出ます。

その原因が「ポリアミン」の増加です。

消化する機能を衰えさせ、体重増加になり免疫力が低下します。

むくみや腸の不快感や疲労感、湿疹や頭痛、ストレスに弱くなる等の症状があります。

好みもありますが、適したものばかり食べるのではなく、どの場合も適量をバランス良く食べることが大切で、考える目安にすることが必要です。



最後に

血液型ダイエットはいかがでしたでしょうか?

ただ食事量を減らすという以外にも、食事では気をつけないといけない面があるということを認識してもらえたらと思います。

血液型ダイエットを意識して、毎日の食事を見直してみるのもいいかもしれません。

余談ですが、ここ3週間で4kg痩せれました・・・

そのへんの話は、また後日お話しします。

それでは、良い食事の生活をお送りください。



ブログランキングに参加中です。

もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

それでは、またお会いしましょう。

yoshino

コメントを残す

このページの先頭へ