アスタキサンチン の実力とは!老化防止、美白美肌対策、疲労解消、メタボにお困りの方必見!


自分の健康や美容に関して、様々な悩みがあると思います。

今日のお題は、老化防止や美白・美肌対策、疲労の解消にメタボ対策です。

こういった悩みの方は少なくないと思いますが、これらをどのように対策を立てますか?

それらに効果がある知識について、今日は紹介していきます。



アスタキサンチンが効果あり!?

上記のような問題に大きく関わっているのが活性酸素になり、アスタキサンチンは活性酸素を抑える力を持つ、天然色素カロテノイドです。

活性酸素を増やしてしまう紫外線を防ぐために、生き物や植物には抗酸化成分となる天然色素カロテノイドが備わっています。

天然の色素にもたくさんの種類があって、フラボノイドの一種になる青系色素のアントシアニンなどがありますが、赤やオレンジ、黄色の色素を持つカロテノイドの種類だけでも750種類以上も存在しています。

アスタキサンチンは赤い色素を持つ成分で、エビやカニの甲羅、鮭、オキアミなどの魚介類に多く含まれています。

変わったところでは、藻の一種であるヘマトコッカス藻にも含まれています。

この藻は通常は緑色をしているのですが、水や栄養が不足したり、強い紫外線にさらされるような劣悪な環境におかれると、細胞を守るために天然色素カロテノイドを生成して赤色に変化するという不思議な性質を持っています。

生息する環境を自由に変えられない生き物や植物は、自ら抗酸化成分を生成することで、活性酸素から細胞を守っているのです。

抗酸化成分にはビタミンCなどの水溶性と、ビタミンEのような脂溶性、そして水溶性と脂溶性の2つの特徴を併せ持つ成分があります。

細胞は二重構造の脂質でできた細胞膜に包まれているため、水溶性は細胞膜の内側、または血液や体液に存在していて、脂溶性は細胞膜に存在しているため活動の範囲が限られてしまいます。

アスタキサンチンは脂溶性に分類されていますが、親和性に優れているので、他の抗酸化成分が活動しきれない部分まで入り込んで活性酸素を防いでくれます。

アスタキサンチンは強烈な抗酸化力が備わっているので、紫外線やストレス、生活環境の影響で増えてしまった活性酸素を取り除く作用があります。

具体的な働きには、紫外線で増えてしまったメラニンの生成を抑える働き、抗炎症作用、細胞劣化の抑制、筋肉疲労を蓄積させる乳酸の生成を抑えるなどがあり、全身のエイジングケアに使える成分です。

ビタミンCやビタミンEといった抗酸化成分は、とり過ぎると細胞の酸化を促進させるプロオキシダントに変化してしまうのですが、アスタキサンチンはプロオキシダントの生成が比較的少ないので、一定量を摂取するサプリメントや化粧品でも使いやすいというメリットがあります。

老化防止対策や美肌効果、健康維持のためとなると長期的に利用したいものですが、生体膜を含めて全身をケアができてプロオキシダントへの変化が少ない成分なら、日常的に利用しやすくなります。



どのように摂取するのが効果的!?

アスタキサンチンを簡単に摂取できる方法として、鮭缶があります。

鮭缶を使用することで、手間をかけずに気軽に摂取することが可能になるのです。

ここでポイントが1つ。

鮭缶でアスタキサンチンを摂取する際に重要になるのが、缶の中の汁だったりします。

汁に鮭のアスタキサンチンの成分が流れ出ている為、汁まで使うとこがポイントです。

鮭缶を使ったレシピのオススメとしては、米を炊き鮭缶をバサっと乗せます。

味を整えて、炊き上げるだけで簡単に鮭の炊き込みごはんの完成です。

毎日食べる必要はありませんが、たまにはこのようにアスタキサンチン等、必要な成分を摂取する為のごはんにしてみても良いのではないでしょうか?

他にも鮭缶を使った料理や、エビやカニを食べることでアスタキサンチンを上手に摂取する方法を考えましょう。



最後に

いかがでしたでしょうか?

アスタキサンチンという成分が存在しているということをご存知だった方もそうでない方も、上手にアスタキサンチン成分を摂取し、健康的な生活を心がけることをオススメします。

鮭やエビ、カニ等、毎日食べるようなものでもないので、たまには上記のことを思い出し意図して食べてみてはいかがでしょうか?

それでは良い健康LIFEをお送りください。



ブログランキングに参加中です。

もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村

それでは、またお会いしましょう。

yoshino

コメントを残す

このページの先頭へ