ブルーベリー、クランベリー、エルダーベリー等のベリー、またアセロラに含まれている
「アントシアニン」というものをご存知でしょうか?

ベリーやアセロラは、体に良いとよく聞くと思いますが、
「何故、体に良いのだろう?」と疑問に思ったことはないでしょうか?

今日は、そんなベリーやアセロラに豊富に含まれている「アントシアニン」について見ていきたいと思います。

ちなみにブルーベリー、アセロラに関する記事も併せてご覧いただければ幸いです。

コンタクト ブルーベリー と健康の関係
コンタクト アセロラ のすごさを理解しよう!!健康・美容に効果がたっぷり!!


アントシアニンって何!?

アントシアニンと聞くとあまり馴染みのないような言葉ですが、
実はこの成分には植物の多様な色の表現を表すのに欠かせません。

特に多く含まれているのはブルーベリー・ナス・紫いもといった植物です。
これらの植物は青紫色をしていますが、
青紫色の天然色素として自然界にごく一般的に存在しているのがアントシアニンです。

どうしてこれらの植物が青紫色をしているのかについてですが、
これは植物が紫外線から実の部分を守る目的で色を青紫色に変化させるためにこの成分を蓄えます。
人間でいうメラニンと同じ働きを持っていることになります。

ただ、実際には自然界にはおよそ500種類のアントシアニンが含まれており、色も青色だけではなく赤や紫などもあります。

pH7や温度などの様々な条件が重なることで、植物の色調や構造に微妙な変化を及ぼします。
そうした性質から古くから食べ物に使用する天然の着色料として使用されたという経緯を持っています。

合成着色料と比較して天然由来のものは安全性が高く、安心して食べることができます。



アントシアニン の効果とは!?

アントシアニンには、健康に関する様々な効果が期待できることで知られています。
構成される物質としては、配糖体のアントシアニジンと糖から成り立っています。

この成分には抗酸化作用が非常に強いということが分かっています。

こうした点から近年においては食品の着色だけではなく健康に良い成分としても価値が高まってきています。

豊富にこのアントシアニンが含まれる植物の代表格はブルーベリーですが、
その中でもビルベリーと呼ばれる品種は特に多く含まれていることで知られています。

アントシアニン

ビルベリーは主に北欧を原産地としていますが、
この成分を多く配合する理由としては北欧独特の気象条件があり
白夜と呼ばれる太陽が一日中沈まずに照らし続ける自然現象によって太陽の光を長く浴び続けた結果、
この成分を特に豊富に含むようになったと考えられています。

現在このアントシアニンによって得られる様々な健康面の効果としては、
疲れ目の回復や目の病気を防ぐ効果があります。
ただ、視力を著しく回復するというわけではありませんので、
そうした効果を期待するのであればサプリメントを服用するほうが期待できるといえます。

少し脱線しますが、
ブルーベリーは目に対する効果だけではなく尿路感染症に効果があることも分かっています。
特に膀胱炎や糖尿病に対する予防策についてはブルーベリーの摂取が適しています。

それからアントシアニン単独でも健康効果は実証されていますが、できればこの成分を摂取するときには他の紫外線によるダメージを回復させる効果があるルテインや肌の保湿効果があることで知られているヒアルロン酸と組み合わせておくとより強力な効果を発揮することができます。

また、エルダーベリーの記事でも記載しましたが、
アントシアニンには免疫力を高める効果がある為、風邪予防や対策に効果的です。

コンタクト エルダーベリー が効果的!?抗酸化物質で健康になろう


アントシアニンの欠点

欠点としては、熱に弱く長期保存には向かないという性質を持ちます。

果実を摂取することも有効な方法ですが、長期保存ができないので、
安定して摂取するにはこの成分を含有するサプリメントを利用する方法が有効といえるでしょう。



最後に

いかがでしたでしょうか?

健康や美容に気を使っている方は、たくさんいるかと思います。
「何からすれば良いの?」って方は、このアントシアニンを参考にしてみてはいかがでしょうか?

個人的には、エルダーベリーのサプリメントを活用するのが良いと考えています。
参考までにエルダーベリーのページもご覧頂ければと思います。

それでは、良い健康LIFEをお過ごしください。



ブログランキング参加中です

ブログランキングに参加中です。
もし良ければ、ポチっと応援してもらえると嬉しく思います。
また、他にも同ジャンルで良いブログもたくさんあるので、見てみてください。

あなたの1票が励みになります!!よろしくお願いします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村



健康ダイエットランキングへ

それでは、またお会いしましょう。